−上州風24号− からちょっと立ち読み

■上泉伊勢守
2008年に生誕500年を迎える新陰流流祖、上州人伊勢守とは

●農村の暮らしを映す語り部たち 「5料の茶屋本陣お西」のひな人形
●十石犬、赤城犬、利根犬 群馬の地犬  
忍耐強さ、忠実さ、洞察力… 過酷な自然環境が育てた名犬の資質


第1特集は、戦国時代の上州を舞台に活躍し、新陰流開祖として知られる剣聖・上泉伊勢守の隠れた逸話や、生誕500年を記念したシンポジウムのもようなどをリポート。

第2特集は安中市松井田町の「五料の茶屋本陣お西」で開催されたひな人形展を紹介。同本陣友の会の上原富次会長の解説で、今回の展示テーマ「母子びな」「狆ひき」などを中心におもな収蔵品を写真で見せる。

第3特集は、かつて県内に存在したといわれる地犬の十石犬、赤城犬、根利犬にスポット。その優れた資質や、それぞれの名犬が人間と共に生きたエピソードを披露している。

ほかに、各地で上演されたこども歌舞伎公演の様子や、連載シリーズで始まった豪商・中居屋重兵衛の物語、そして小栗康平監督を講師に招き、県内2カ所の小学校で行われた映像教育の実践編など多彩な内容となっている。