−上州風20号− からちょっと立ち読み

■特集 「韓国」を探す 渡来人羊太夫の物語からハングル八木節・紙芝居まで

●シリーズ 水源地を訪ねる
        観光カリスマ:河合進 三国路与謝野晶子紀行文学館長:持谷靖子
●日本の心を歌う「榛名梅の里音楽祭」 インタビュー:塚田佳男音楽監督
●異彩対談 農業を見つめる詩人と小説家 真下章+木村芳夫

『韓国』を探す 渡来人羊太夫の物語からハングル八木節・紙芝居まで
 
書店にあふれる「韓国理解本」
書籍ではドラマのシナリオ対訳集「『冬のソナタ』で始める韓国語」など売り切れ続出の状態だった。
 
日本人にも受けている韓国コンビニ
前橋市千代田町に「韓国コンビニ」と呼ばれる雑貨店コリアナが開店した。
 
ここは前橋千代田町「コリアン通り」
前橋市千代田町五丁目の飲食店街の一角は通称「コリアン通り」。市内に韓国料理店は数多いが、ここの通りには数軒が集っている。
 
宮廷料理がもとになった「韓定食」
韓国家庭料理とともに、宮廷料理がもとになっている韓定食(要予約)を食べられる店が前橋市西片貝町の李朝苑。
 
握手した韓国河東と天神小児童たち
韓国慶尚南道河東郡の岳陽初等学校の児童ら8人が11月、前橋市天神小(脇屋邦夫校長)を訪れた。
 
先生が見た韓国を生徒に伝えよう
在日本大韓民国民団地方本部(金賢振団長)が主催する教育者韓国研修が8月の4日間、常磐、関東学園大付属、共愛学園高、関東学園大の教職員ら18人が参加して行われた。
 
私たちの日韓交流−キム・ジョンユンさん、富澤明葉さん
「ドラマも俳優もいいけど、普通の韓国人も理解してもらいたいな」(キム・ジュンユンさん)「韓流ブームは一過性であってほしくないなあ。もっと友達になりたい」(富澤明葉さん)
 
韓流ドラマファンの気持ち
「まだまだ若い、自分発見」(白川芳子さん)、「イ・ビョンホンが心の支え」(太田千恵子さん)
 
「羊」は朝鮮半島の"渡来人”の名80文字、交流の原点
吉井町池の鏑川右岸に建つ国特別史跡、多胡碑の碑文に「羊」という文字がある。…
 
夢は韓国で八木節公演−西吉井八木節愛好会
養蚕、機織り、やきもの、羊太夫…
文化や伝説歌い込む"胡人”との交流賛歌
 
ソウルへ韓国語の紙芝居:高崎市歴史民俗資料館「元島名称軍塚古墳」
彦狭嶋王の墓守るのは子孫の役目