バックナンバーのご案内
バックナンバーをご希望の方は、最寄りの書店にてご注文ください。この場合、送料はかかりません。

事業局出版部でも取り合っておりますので、お申し込みはメールまたは電話にてお願いいたします。
この場合は、送料が前払いで別途かかりますので、こちらから振込先と金額を追って連絡いたします。

連絡先 上毛新聞社 事業局出版部   TEL 027-254-9966


【創刊号】
<特集>「波宜亭先生−
朔太郎のいる風景」
●萩原朔太郎の詩で知られ、多くの文人たちに親しまれた前橋の茶店「波宜亭」をめぐるドラマ。
【2号】
<特集>「あすなろと群馬交響楽団−場を再発見する」
●かつて高崎にあった伝説のクラシック喫茶「あすなろ」と群馬交響楽団をめぐる物語。
【3号】
<特集>「桐生本町一・二丁目」
「金敷平の画家−山口薫」
「都丸十九一さんを偲ぶ」
【4号】
<特集>「せんせい」
●米国に日本学を育てた角田柳作、ドナルド・キーン氏インタビュー
●上野村「きご先生」
●島小の11年「未来を見つめ」
【5号】
<特集>「今伝えたい新近代史」
●富岡一番地「トミオカ セイシジャウ」
●碓氷線 鉄路 峠を越える
●石原和三郎と勢多東村・花輪小
【6号】
<特集>「映画この楽しきもの」 ●鼎談・大澤豊、小栗康平、飯塚俊男
●「カルメン故郷に帰る」
●IsaMA 歩みだした映画のまち
【7号】
<特集>「時代を生きた女性たち」
●SHIMA RIU“和製ダ・ヴィンチの妻”島隆の生涯
●みち Michi 風のように駆け抜けた
【8号】
<特集>「碑」monolithos
●時代に生きよ 時代を超えよ−藤牧義夫
●呼び覚ませ 語れ
日本唯一「おろかもの之碑」
【9号】
<特集>「彩食ぐんま」
●復活200年の味「下植木ねぎ」
●森喜作−キノコに魅せられた魂
●「国分にんじん」物語−優良種を求めて
【10号】特別記念号
<特集>「GUNMA ものづくり考」
●IMOZI−鋳物師
●世界を席巻 謎の球体スプートニク
●桐生織物職人紀行
●<特別編>布施英利の異彩鼎談
【11号】
<特集>「ありがとう、レーモンドさん」
●高崎哲学堂、群馬音楽センター
「バラの花咲く」
●上州のアメリカンボード宣教師
【12号】
<特集>「追悼特集 伊藤信吉」
「サッカーに熱狂したい」
「氷壁の旅人」
【13号】
<特集>「上州地酒万歳」
「上州を旅した落語の神様 三遊亭円朝」
【14号】
<特集>「寅次郎奔る」
●日本と土耳古を結んだ快男児
「海だったころの群馬化石が語る世界」
【15号】
<特集>「おいしい水の研究」
●水を求めて200キロぐんま名水狂騒曲
「建築家・安藤忠雄 里山で豊かな人になる」
【16号】
<特集>「上毛五色山」は信仰の山
●赤城、榛名、妙義、武尊、黒滝
「杵屋弥三右衛門・新島宇夫学校の教室に和楽器
【17号】

<特集>「上州人は何を食べてきたか」
●うどん、焼きまんじゅうの粉食文化
●あすに伝えたい古里の伝統料理
「上州の食・イタリアの食」
【18号】

<特集>「ぐんまの鉄道」全見どころ
●中国歴代王朝展
●日本酒を30年間熟成させてみた
【19号】

<特集>「草津国際音楽祭」25年
●ぐんまの老人力
●骨董市を歩く
【20号】
<特集>「韓国」を探す
●渡来人羊太夫の物語からハングル八木節・紙芝居まで
シリーズ:水源地を訪ねる
●異彩対談:真下章+木村芳夫
【21号】

<特集>「飯塚小カン齊逝く」
●オリジナル群馬の花名人
●近代美術館「うちの10点」
●「ファイト」本県舞台に
【22号】

<特集>「群響創立60年」
●尾瀬四季彩
●江戸川・柴又に侵入した?温井川支流の「ミズヒマワリ」
●「埋もれ木」への思い語る小栗康平監督
【23号】

<特集>「ながめ余興場」
●赤城南面 小さなアート空間探訪
●旧富岡製糸場で「世界遺産講演会」
【24号】

<特集>「上泉伊勢守」
●「剣聖」と呼ばれた上州人
●群馬の地犬
●「五料の茶屋本陣お西」のひな人形展
【25号】

<特集>
●富弘の風景
●日がな一日、歩いてみれば…前橋で朔太郎と出会う
     
【26号】

<特集>「ちょい変わりダネきものファッション」
●チンドン屋が行く
●館林美術館を遊ぶ
●目くるめく、あかの思い「紅板締め」
【27号】

<特集>「上州と風林火山」
●「播かれし種」安中に芽生えたキリスト教
●「九十九庵」にみる庶民の学び―伝次平さんの寺子屋
●あこがれの新国立劇場の舞台で踊る
【28号】

<特集> 国定忠治の実像
●上州人冒険家の矢島保治郎
●日本一懐かしい遊園地である前橋市の「るなぱあく」の歴史
【29号】

<特集> 「レトロの力」
●「映画の街再生」をテーマに映画監督の清水崇監督へのインタビュー
●里見八犬伝の古里・榛名町に発祥した名門里見氏のルーツ
【30号】

<特集> 「今」彦九郎
●地域をつなぐぐんまの「食」ご当地グルメ紹介
●いま、山村では…。その生活と文化の継承
●それでも雪男はいる ほか
         
【31号】

<特集>天地人と戦国上州
●木造校舎を訪ねて
●表現する女性たち
●学生食堂の今を探る
●ふるさとの文学者など
【32号】

<特集>中島知久平の生涯
●昭和の名残を伝える「銭湯」
●里山の環境保全
●前橋で焼かれていた陶磁器の「皆沢焼」