個人出版の流れ

 お客様のご希望を承り、十分お話し合いの上、原稿の作成から、リライト、テープ起こし、原稿整理、レイアウト、校正、装丁の立案、用紙の手配、印刷、製本まで、一切の仕事をもってお引き受けいたします。また、無料相談もお受けしております。

1 ご相談

趣味を生かしたもの、愛玩動物のこと、家族のこと、学校など職場での体験や講演、研究論文など、お作りになりたい本はその人の人生経験あるいは動機によりさまざま。まとまったもの、あるいは断片的なもの、または構想だけ、何でも結構です。まずはご相談下さい。経験豊富な編集スタッフが的確なアドバイスを行います。

2 打ち合わせ、見積もり

1の段階でも概算のお見積もりはできます。さらに本の判型(大きさ)や本文のスタイル(縦・横組み)、印刷方法(カラー、モノクロ)、製本(並・上製本)、発行部数など具体的な確認の打ち合わせを経て、正確なお見積もりをさせていただきます。もちろん、ここまでは無料です。
 また、ご自分の本を書店に並べたいというご要望にもお応えします。これについては、当社で内容を検討させていただき、流通に値するかどうかの審査が必要となります。

3 契約書の取り交わし

お見積もりの仕様、金額などご了解が得られましたら、契約書の取り交わしとなります。この際に原則的には契約金額の3分の1をお支払いいただきます。

4 編集作業

 まずはスケジュールの確認。一般的な本であれば、原稿をお預かりしてから3か月程度で納品となります。団体などの記念誌は半年あるいは1年以上かかる場合もあります。
 次に原稿整理。経験豊富なスタッフがあなたの原稿をチェックします。用字用語の統一、文章の流れ、誤字脱字の修正など。それに著作権の問題をクリアしているか、出典が明記されているか、こういったことも案外忘れられている場合があります。

5 校正作業

 原稿整理が済むと、原稿を印刷所に入稿します。デジタルデータであればそのまま利用、手書きの原稿であれば入力作業を経て、実際のページ組み(造本計画による組み見本)に合わせて校正ゲラを出します。
 校正の一定のルールに則り、著者ご本人と当社編集スタッフ双方でチェックします。誤字脱字、伏せ字、組違いなど、原稿と照合して正し、さらに体裁上の不備を整えます。「赤字、または朱を入れる」などと言います。「校正恐るべし」という言葉があるように、プロでないと気がつかない点も多々あります。
 通常は初校、再校(初校を直してさらにもう1回ゲラ出し)の2回ですが、慎重を期して3校(念校)する場合もあります。

6 装丁

 本の顔として、表紙は一番大切な要素。原稿の内容や読者対象、著者の個性等に合わせて、造本計画に沿ったデザインをご提案します。表紙あるいは表紙カバーだけでなく、見返し、本扉、本文の組み方、使用する用紙、印刷の刷り色、本の形態など、全体を設計することを「造本計画」と言います。これは一般的に本の制作に入る最初の段階で練ることが多いです。

7 印刷、製本、納品

 上記の基本的な確認が終了すると、印刷工程に入ります。カラーものは製版という工程で、色校正をして写真やイラストの色味を確認します。印刷する際は大きな紙に本文の16ページ、あるいは32ページ分を一度に刷ります。製本では表紙カバーや表紙、見返し、本扉、口絵、本文などそれぞれ別に刷った素材を一冊に綴じていきます。およそ1〜2週間の工程です。納品は事前に確認しておいた期日と場所に必要部数を収めます。お預かりしていた資料や原稿もご返却いたします。