ブックレット群馬大学9 第一線の科学者が語る生活習慣病研究の最前線-メタボ・老化・がん研究からiPS細胞まで-

北村忠弘ほか著、A5判、76頁、並製本
定価 本体458円+税 ISBN 978-4-86352-068-4


生命科学の進展と最新医療
肥満、老化、がん。どれをとっても長生きをしようとする現代人には、関心の最も高いテーマでしょう。最近ではiPS細胞という夢のような再生細胞がつくられ、再生医療への利用が期待されています。群馬大学生体調節研究所では「世界的に卓越した研究拠点」として、世界最先端の研究が進められています。本書は、このセンターが行った標題の一般向けシンポジウムの様子を一冊にまとめました。