沼田藩真田用水群の魅力 美田を拓いた真田氏五代


真田用水研究会/田中修・丑木幸男編著、A5判、214頁、並製本
定価 本体1400円+税 ISBN 978-4-86352-259-6


良食美米の産地、豊かな自然を守る「真田用水の里」
沼田藩真田氏の藩政改革と近世の村づくりの基は、五代にわたっての100余の用水開削とそれによる新田開発にあった。現在、真田氏の領地であった北毛(利根・吾妻地区)産のコメは、品質、食味とも高い評価を受けている。当時の高い土木技術と経験を生かし開削され、地域の農民による協力と管理補修があったからこそ、水田農業の拡大と石高増加につながったのである。