正々堂々と


小笠原祐治著、A5判、322頁、並製本
定価 本体1500円+税 ISBN 978-4-86352-252-7


平成24年から27年までの3年間、前橋高校の校長を務めた著者が、在任中の式辞、寄稿、挨拶等をまとめ書籍化した。
著者は、教育改革が進むなかで伝統ある「マエタカ」校長として、どの様な思いで教育に向き合うべきかと問われれば、迷わす「正々堂々と」と胸を張って答えている。そして、校長の仕事は「決断」すること、「責任」を取ることだと語っている。最後の言葉は、「老兵は死なず、ただ消え行くのみ」に続く「若い兵は老兵の消え去るのを望んでいるから」です。次の世代の者に活躍の場を譲り、遠くから教育現場を見守るために刊行した。