TOMIOKA世界遺産会議 BOOKLET10


河野俊行・松浦利隆著、A5判、74頁、並製本
定価 本体600円+税 ISBN 978-4-86352-232-9


世界遺産登録後の地域づくりを県民と共に考える公開講座の採録
■「破壊される世界遺産―現状と課題―」国際イコモス会長・九州大学大学院法学研究院主任教授 河野俊行 自然破壊や人的破壊での様々な再建の事例を挙げ、その手法やそれに伴う問題点などを検証する。
■「世界遺産をどう『物語る』か」国際産業遺産保存委員会(TICCIH)日本代表・群馬県立女子大学群馬学センター教授 松浦利隆 「富岡製糸場と絹産業遺産群」などのOUV(顕著で普遍的な価値)を事例に、言語表現とそれを超えた可能性を検証する。