古墳人、現る 金井東裏遺跡の奇跡


公益財団法人 群馬県埋蔵文化財調査事業団著、A5判、224頁、並製本
定価 本体1500円+税 ISBN 978-4-86352-231-2


“奇跡の発掘”の全容明らかに―火山、渡来系、ウマで読み解く―
平成24年11月19日、榛名山東麓の金井東裏遺跡で発見された「甲を着た古墳人」の報は、衝撃的なニュースとして全国を駆け巡り、12月12日の一般公開には2600人余の見学者が訪れた。あれから6年の歳月が流れ、その後の調査分析で見えてきた古墳人の姿、ムラの様子など、本書では最新の成果を明らかにする。