死の川を越えて 上巻


中村紀雄著、A5判、316頁、並製本
定価 本体1500円+税 ISBN 978-4-86352-217-6


元県議会議長の中村紀雄氏が、平成28年12月から30年3月まで上毛新聞紙上で115回にわたり連載された小説を上下巻で発行。
上巻は、大正から昭和初期にかけて、草津温泉湯の川集落でのハンセン病患者の人間ドラマを克明に描写。死の川に追いやられた患者同士の結婚、出産、そして出征。戦地で同病の朝鮮人に救われた命の恩返しとして、関東大震災後に起こった朝鮮人虐待を県議会で問題提起。差別と偏見は無知と誤解から生まれることを強く訴えている。