スポーツで街作りのショーケース


平方亨著、A5判、178頁、並製本
定価 本体1200円+税 ISBN 978-4-86352-216-9


本書では、群馬陸上競技協会元理事長の平方亨氏(渋川市在住)がスポーツをエッセンスとした新たな街づくりの重要性を訴える。
平方氏はモナコでの国際陸連事務局勤務や世界陸上運営に携わるなど国際経験が豊富で、東京2016年オリンピック・パラリンピック招致委員会ではスポーツディレクターとして活躍。招致を勝ち取るためのロビー活動の中で、世界一の祭典に絡む光と影を肌で感じた。
一方でスポーツに価値を見出し、人々の生活に溶け込む海外各国のスポーツ大会の現状とその素晴らしさも目の当たりにしてきた。群馬から世界に飛び出し、国内外のさまざまなスポーツの現場を目の当たりにしてきた平方氏が、生い立ちと自身の体験談を紹介する。
2020年まであと2年。いま改めて、日本のスポーツの在り方を見つめ直すきっかけになる一冊。