減塩のための食品交換表


大月邦夫著、B5判、156頁、並製本
定価 本体900円+税 ISBN 978-4-86352-161-2


無理のない減塩で健康な毎日を―。

食塩の取り過ぎは高血圧、心臓・腎臓疾患などの原因になるといわれ、1日7g前後が適切な摂取量とされる。本書では調味料、つけもの、食塩の多く含まれる加工食品などの分類分けをした交換表を掲載。また、注意すべき食品や食品名の索引、減塩のための献立例なども記載し、好みや食習慣に合わせて「減塩」「低塩」生活を実践できる。