前橋学ブックレット8 速水堅曹と前橋製糸所 -その「卓犖不羈」の生き方-

159_1
速水美智子著、A5判、84頁、並製本
定価 本体600円+税 ISBN 978-4-86352-159-9


日本で最初の器械製糸を造り、官営富岡製糸場の経営に尽力、近代製糸業を牽引した偉人の生涯
1870年(明治3)6月、日本で最初の器械製糸所「藩営前橋製糸所」が初めて製糸を試みた。富岡製糸場の開業より2年前のことである。これを主導したのが速水堅曹。川越で生まれ、前橋城再築に伴い前橋に移住した。横浜での生糸専売所も手がけ、生糸の専門家として各地で指導したほか、官営富岡製糸場の所長を2度務めた。