小松姫

158_1
作/金井竹徳 絵/野村たかあき、その他変型判、32頁、上製本
定価 本体1500円+税 ISBN 978-4-86352-158-2


「父上とはいえ、今となっては敵味方。城中には一歩たりともお入れするわけには参りません」
豊臣につくか徳川につくか―天下分け目の関ヶ原。親子で別れて戦うことを決めた真田氏。真田家当主信之を支え、良妻賢母として誉れ高く、家臣にも領民にも愛された小松姫の生涯。

沼田市指定重要民俗文化財「沼須人形芝居」を継承する“あけぼの座”で「小松姫物語」を初演した金井竹徳氏作。
第5回講談社絵本新人賞、第13回絵本にっぽん賞を受賞した野村たかあき氏画。