TOMIOKA世界遺産会議 BOOKLET5 上州人のつくるテキスタイルが世界を魅了する理由

須藤玲子、後藤小百合著、A5判、72頁、並製本 ISBN 978-4-86352-135-3


上州人のつくるテキスタイルが世界を魅了する理由
 テキスタイルデザイナーで東京造形大教授の須藤玲子さんは、本県の職人が制作した作品を紹介。「機械も使っているが、ほとんどが手作業。丁寧に刺しゅうするような気持ちがテキスタイルの中に伝わり、人を魅了している」と話した。本県の多彩なテキスタイルの技法はいずれも高度だと指摘した上、「日本の染織産地は着物文化の発展と共に新しい技術を取り入れてきたが、その代表が群馬だと思う」と述べる。高崎商科大准教授の後藤小百合さんも「会計制度の発展と富岡製糸場」と題して、利益計上できる工場であったことを明らかにした。