絹の物語 つむいで シルクカントリー群馬キャンペーン

  • ● 在庫切れ
上毛新聞社編、B5判、160頁、並製本、定価 本体1200円+税 ISBN 978-4-86352-116-2


群馬は日本のシルクカントリーである。
 すがすがしいこの言葉がすべての始まりだった。本書は絹の国の地方紙が20年にわたって取り組み、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録を後押ししたキャンペーンの記録である。群馬のアイデンティティとは何か―。足元を見つめ直し、群馬の絹文化を再発見する連載や特集紙面、イベントはどう組み立てられ、何を生み出したのか。