シルクカントリー双書 第10巻 織郷ぐんま ※「富岡製糸場と絹産業遺産群」を知るシリーズ

上毛新聞社編、四六判、208頁、並製本
定価 本体1500円+税 ISBN 978-4-86352-084-4


糸と糸との出会いが紡ぐ絹織物
農家が蚕を飼育し、蚕が糸を紡ぎ、その生糸で織物ができる。一連の営みが“桑都”上州で行われてきた。古くから養蚕が盛んな群馬県には、桐生や伊勢崎など織物産地がある。現代を生きる私たちに「粋」を感じさせてくれる織物の魅力と職人が継承する染織の技に迫り、絹の魅力を再発見する。
富岡市ホームページ