道の駅「田園プラザ川場」の20年 川場村のむらづくりをけん引する

三田育雄著、A5判、96頁、並製本
定価 本体700円+税 ISBN 978-4-86352-073-8


「農業+観光」による村おこし 群馬県北部の川場村は世田谷区との交流事業や道の駅「田園プラザ川場」の盛況で、県内外から注目される村おこしのモデル地区となっている。本書は35年にわたる川場の村づくりの全過程にほぼ関わり、20年にわたる田園プラザの企画・設計、実施に直接携わってきた著者が、その軌跡と取り組みについて考察した活動の記録。過疎にあえぐ町村にとっては格好の指南書である。